Home > 1.セルロースファイバー, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > セルローズファイバーの発展や歴史

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

セルローズファイバーの発展や歴史

セルロースファイバーの今後の発展は?
紙の産業が発展するにつれ、断熱材に使用される原材料は
紙の副産物であることが一般的となってきました。
もともとは制振材(吸音材)として製造されていた紙を主体とした
セルロースはすぐに効果的で、密度の高い断熱材となることがわかりましが、
初期のセルロース断熱材は今日のようなファイバーテクノロジーや施工機械の恩恵を伴わず、
市場的には小さなものでした。
エネルギーコストの増大にともなう断熱の需要により、
今ではセルロース断熱は主たる断熱材の一つとなりました。
初期の時代のセルロースとは比べ物にならないくらい、
今日のセルロース断熱材は安全で耐火性、害虫駆除に優れています。 
この特徴はまた、他の断熱材をしのぐものとなっています。
海外を見てもリサイクル、エコのものはどんどん発展しつつあります。
早くに着手された断熱材といえるのではないでしょうか?
素材として使えるまで使い、最後は焼却や分別しエネルギーになる。
そんな断熱材だからこそ発展すると思います。