Home > 1.セルロースファイバー, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > 断熱材のセルローズファイバーの起源や歴史

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

断熱材のセルローズファイバーの起源や歴史

セルロースファイバーの起源は?
セルロース”という言葉は
あらゆる植物生命体の繊維状のものをベースにしているものを指します。
木、紙、そのほかの植物系のものをベースにして製造されたものはすべて
セルロース系材料となります。
今日のセルロース断熱材(セルロースファイバー)はリサイクルペーパーで製造され、
耐火、害虫駆除の目的でホウ酸塩が処方されています。
アメリカの3代大統領のJeffersonの時代やその後の歴史の中では
断熱材料の選択は、原材料や副産物のあり方により決められてきました。
1900年に入ってからは、その原材料は木となり、
断熱材はバルサやバルサのおがくずを紙で包んだものでした。
バルサ断熱材は今でもアメリカの北東部の古い民家で見ることができます。


       ↓