Home > 1.セルロースファイバー, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > 断熱材セルロースファイバーの歴史

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

断熱材セルロースファイバーの歴史

先日に続き、セルロースファイバーの歴史を紹介します。
アメリカで初めてセルロースファイバー断熱材を取り入れた建築家は、
第3代アメリカ合衆国大統領のThomas Jeffersonで、
自身の邸宅でもあるMonticelloに施工をしました。
彼が施工した断熱材はセルロースでした。
邸宅は主にジェファーソン独自のデザインによるものであり、
1769年に建設が始まり、その後再設計・増築を経て、1809年に完成しました。 
この建物はアメリカの5セント硬貨の裏面に描かれています。
Thomas Jeffersonは、建築家でありヨーロッパから様々な技術や
アイデアをアメリカに持ち込んだことで有名なので、
起源はヨーローッパにあるかもしれません。

多くの国で、おがくずや紙が天井の断熱材として100年以上前から使用されています。
今日でも、1900年代に建てられた家でこの事例を見ることができます。