Home > 9-4.自然素材, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > 東濃ひのきとセルロースファイバー

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

東濃ひのきとセルロースファイバー

岐阜県東白川村の運営するフォレスタイルさんに
お話を伺ってきました。
白川といえば

東白川村の事務局が運営されてる建築をサポートする
ものです。
東白川の”腕のいい工務店さん”で家を建ててもらう仕組みです。
産地の木材「東濃ひのき」で家が建てられるそうです。産直です!
東濃ひのき(とうのうひのき)とは岐阜県東濃地方の東部地域(裏木曽)を
中心に産出されるひのきの銘木で、東濃桧、東濃檜とも言います。
東濃ひのきの特色は、色が淡いピンクで、艶・香りもよく、
樹齢の高いものほど特徴が強く出る傾向があります。
木色・艶・木目・強度などのさまざまな点で建築材として、
東濃ひのきはとても優れています。
東白川林業センターです。

——————————————————————————–

ひのきで建てられていました。落ち着くたたずまいです。

森がきれいな川を作ります。
そこには鮎がいっぱい。
気温は31度。
でも木陰に入ると涼しかったです。

東濃ひのきと木から出来た新聞紙のセルロースファイバー
とのコラボレーション!!
立派なひのきが長持ちします。
相性が抜群です。だって木と木から出来ているもの同士
無理がありません。
日本古来の土壁がヤキモチ焼くかもしれません。
やっぱり呼吸する断熱材は「セルロースファイバー」しかないですね。
11社の東白川の工務店の皆さんよろしくお願いします!
木を大切にします。