Home > 2.セルロースの施工, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > セルロースファイバーの施工へ行ってきました

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

セルロースファイバーの施工へ行ってきました

セルロースファイバー断熱材の工事の現場へ行ってきました。
木造新築35坪にセルロースファイバー断熱材の吹き込み工事です。
セルロースファイバーの工事は乾式と湿式の2つの方法があります。
簡単には、
乾式は乾いているセルロースファイバーをシートの中に吹き込む方法です。
湿式はセルロースファイバーに接着剤を吹きかけて直接、壁に吹き付けて固める工法です。
今回は乾式工法の現場でした。
まず施工方法を見てみましょう。
使用する透湿シートです。
湿気を通してセルロースファイバーに呼吸させます。

柱にシートを貼ります。

シートの吹き込み用の穴を開けます。

きれいにシートが貼れました。
このシート貼りが重要で隙間なく、ピーンと貼ってたるみの無いように貼ります。

いよいよセルロースファイバーの吹き込みです。
マシーンにセルロースファイバーを投入します。

マシーンから圧送されホースの中を通りシートの中に吹き込まれます。

しっかり吹き込まれました。

パンパンです。密度がしっかり吹き込まれています。

天井もしっかり吹きこれています。

セルロースファイバーが壁と天井にしっかり吹き込まれました。
まるで布団を巻いたようです。

このとき感じるのが音です。
音が吸音しているのが体感できます。
布団の中で大声を出しても聞こえませんよね。
そんな感じが体感できます。
木にやさしい断熱材「セルロースファイバー」の施工でした。
是非、是非、体感していただきたいと思います。