Home > 9-1.断熱材不足, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > ロックウールも不足、品薄の原因とは?対応はセルロースファイバーで

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

ロックウールも不足、品薄の原因とは?対応はセルロースファイバーで

ロックウール断熱材も不足、品薄になっています。

エコポイントの対応が原因です。

メーカーの撤退もあることが言われています。

エコポイントの対応というのは断熱性能がある一定の基準(省エネルギー等級4等)に対応するため、一般的なロックウールやグラスウールだと対応出来く、高性能のものが必要とされ、高性能のものだと製造に時間がかかり、需要が殺到し、製造が追いつかなくなったそうです。日曜祭日も工場は稼動されているそうです。この正月も稼動されるようです。

それでも、まだまだ、不足されるそうで、注文住宅、分譲住宅の完成の遅れ、引渡しの遅れ、引越しの遅れが予想されます。

今、建築中の方は、住宅メーカー、工務店さんによく確認されてください。
仮住まいされている方は、トラブルにならないように仲介会社と工務店とよく相談されるといいと思います。早ければ手に入れることも可能かもしれません。

もしくは手に入らなく引越しが遅れてしまうのでしたら、借り住まいの延長の相談などされておいた方がいいと思います。

エコポイントもほしい。住宅の性能も落としたくない。

そんな方へエコポイントの対応はセルロースファイバー断熱材が可能です。

・エコポイントも対応できます。
・フラット35も対応でします。

※ただし仕様や厚みが確保できた場合

まだまだつづくロックウールの不足、品薄、グラスウールの不足、品薄です。
早くからセルロースファイバーの検討をお勧めします。

設計図書の変更や、契約書の断熱材の仕様の見直し、をお考えください。

追加、変更が融資が決まってからですと予算オーバーになりかねません。

グラスウールやロックウールと比べて、少し予算がかかりますが、断熱材をセルロースファイバーに変更した時のメリットはたくさんあります。

特徴やメリットはこちらから

↓建築相談なら

↓セルロースファイバーの施工依頼なら

↓セルロースファイバーの勉強なら

↓家づくりのマールマガジン登録なら