Home > 8-1.工務店, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > 工務店探しリレー「広島の工務店の株式会社小田原ハウジング」

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

工務店探しリレー「広島の工務店の株式会社小田原ハウジング」

工務店、設計士探しリレーとしまして全国の工務店さんをご紹介いたします。
第13弾は広島県の株式会社小田原ハウジングさんです。

株式会社小田原ハウジングさんは、自然素材とセルロースファイバーのダブル断熱、トリプル断熱(もちろんこちらもセルロースファイバーが入っています)に力を入れている会社さんです。
なかでも、0宣言という取り組みを実施されてします。

「0宣言」とは合板や集成材や木工ボンドなどの長持ちしない建材や、健康に悪い建材を排除した家づくりをするという私たちの誓いです。

「0宣言の家」は、ログハウスから、一般住宅まで多彩なバリエーションを取り揃え、グループのスケールメリットを生かし、コストを抑えながら、一棟一棟、オーダメイドで真心を込めて皆様にお届けします。

安心ですね。住む人にとって一番を考えているのがよくわかります。特に小さいお子様のいらっしゃる方はこの家なら安心ですね。抵抗力の無い赤ちゃんでも安心ですね。

↓0宣言にいたった理由が挙げられています。

なぜ、0宣言にいたったのか。
皆さんは、国が決めた基準をクリアーしているから安心、大手メーカーがつくった物だから安心と思っていませんか?
じつは、私たちプロでさえも、国が認めたもの、大手が開発したものは間違いないと思い、皆さんの一生の夢であるマイホームに、それらの建材を使用していました。
しかし、自然素材をふんだんに使用しているログハウスでさえも、ちょっと過敏な人が家の中に入ると目がちかちかしたり、頭が痛くなったりします。
そして、調べれば、調べるほど国の安全基準フォースター(F☆☆☆☆)など、国や大手の基準では、安全で安心な住宅をつくることが不可能だと分かりました。

日本の住宅業界の疑問

例えば、こんなひどい現実があります。

国は、あまりにもシックハウスが多くなって問題になったため、2003年に、ホルムアルデヒドの放散量の基準値を決めて規制しました。
しかし、あまりにも甘い基準で、その基準の最高レベルのフォースター(F☆☆☆☆)でさえ、一部の化学物質しか規制されていないのです。

厚生省が人体に悪影響を及ぼすと指定している有害物質は13種類(下記参照)もあるのに、なぜか国土交通省で規制したのはホルムアルデヒドとクロルピリホスの2種類だけです。

ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼン、エチルベンゼン、スチレン、クロルピリホス、フタル酸ジ-n-ブチル、テトラデガン、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル、ダイアジノン、アセトアルデヒド、フェノルカルブ
要するに、基準の最高レベルのフォースター(F☆☆☆☆)の建材にも人体に危険な化学物質が含まれている可能性が高いのです。

改正建築基準法に基づくシックハウス対策の概要
建築基準法に基づくシックハウス対策について(国土交通省)

実は、この法律を作成したメンバーには、大手の建材メーカーやハウスメーカーのほとんどが名を連ねています。全て規制すれば、建材産業が成り立たなくなる為、消費者よりメーカーよりにつくられた規制と思わざるを得ません。

これでは、国の基準を守って家を建てても、シックハウス症候群やアトピーなど、アレルギーが減るはずもありません。

この事実を知ってしまった以上、国の基準に合っている建材だからと言って、安心して使用することが出来なくなりました。

それなら、日本の、住宅の安全基準は、私たちでつくっていくしかないと言う思いから、「0宣言」が始まったのです。

<フォースター(F☆☆☆☆)とは・・>

F☆☆☆☆(Fフォースター)は、JIS工場で生産される JIS製品に表示することが義務づけられている、ホルムアルデヒド等級の最上位規格を示すマークです。2003年3月21日の壁紙の日本工業規格(JIS)改正によって、ホルムアルデヒドの放散量の性能区分を表すために新たに表示することが決められました。壁紙「JIS A 6921」規格における改正のポイントは4項目あり「ホルムアルデヒドに関する基準取り決め」が主な内容となっています。F☆☆☆☆と表示されている建材や内装材だけが、建築基準法によって使用量が制限されません。F☆☆☆やF☆☆になると条件付きの使用や使用量の制限があり、F☆のものは内装材としての使用は禁止されています。

しかしながら、発散量が少ないというだけで、全くホルムアルデヒドを放散しないものではないということに注意する必要があります。

小田原ハウジングさんの安心出来る家を御覧ください。

スタイリッシュでいいですね。

階段もこだわっています。

気持ちよさそうです。

モデルハウスもあります。
「なごみの家~凛~」に泊まってみませんか?


唐突だと思いますが、それには理由があります。
当社の一番の自慢は、やはり自然素材です。
内装の塗り壁、そして壁の中に入る断熱まで、セルロースファイバーという
自然素材を使っています。
ホームページを御覧になっていただけたのならばわかっていただけると思います。
なぜ、これらの素材をこだわっていこうと思ったのかというと、それは、
室内に入った時の空気感に、雲泥の差があったからです。
新築の仕事をしていますが、お引渡しの時に、あの新築特有のツ~ンっとする臭いはしません。
アトピーやアレルギーといったものをもっていらっしゃるお子様も当社のモデルハウスは
平気といわれます。それは素材のもつ力です。ビニールで囲まれた家ではなく、
自然素材に囲まれた空間では、空気が全くちがいます。そして漆喰やセルロースファイバー
といった素材が、湿度をコントロールしてくれます。

ぜひ、一度モデルハウスへ入ってみてはいかがでしょうか?

小田原社長さんもスタッフの皆さんも優しい人ばかりです。ほんとです。
是非ご相談されてはいかがでしょうか?

お問い合わせはこちら↓

会社概要
会社名 株式会社小田原ハウジング
所在地 広島県呉市広古新開9丁目9-19 →地図の詳細を見る
電話 0823-73-3793
FAX 0823-73-3794
代表取締役社長 小田原社長さん