Home > 2.セルロースの施工, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > 社寺(お寺)本堂の新築、増改築にもセルロースファイバーが使われています!

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

社寺(お寺)本堂の新築、増改築にもセルロースファイバーが使われています!

日本の木造建築で長持ちする家の代表的なものとしてお寺(社寺)があります。

造りは、国産の檜や杉材の巨木の無垢材をふんだんに使い、
壁は土塗り壁に漆喰で塗り仕上げです。
この造りが日本の高温多湿でありながら、厳しい冬もある気候に
合った長年受け継がれてきた工法です。
日本は豊かな山林に恵まれ、アルプスなど寒い地域で育った
しっかりとした木がたくさんあり、
また、山を丁寧に育て、恵みを受けて来たのだと思われます。

その伝統的な社寺の建築の土塗り壁にセルロースファイバー断熱材が採用されたと
お聞きし、視察に行って来ましたので、御覧ください。

太い柱に梁材です。

木好きにはたまりません。

どれだけの木を使っているのでしょう・・・

宮大工さんの腕が素晴らしいです。

きれいですね。

壁にはセルロースファイバー断熱材がパンパンに充填されます!

セルロースファイバーは木を守ります。
なんといっても土壁の様に調湿効果があり、土壁より断熱効果が高く、
さらに、防虫効果があります。
もっと言うと防火効果があり、防音効果があります。
土壁に変わる断熱材といえばセルロースファイバーをおいて他にはありません。
と言い切れるぐらいぴったりです。

御覧の通り布団を巻いたようにパンパンです。
妥協がありません。きれいです。

このお寺様は徳川家康公の生母の於大の方の菩提所です。
そんな歴史ある建物の社寺本堂の新築にセルロースファイバーが
採用されたことはとても素晴らしいことです。
他の断熱材ではありえません。

お施主様の龍渓山久松寺洞雲院様
今回は視察させていただきありがとうございました。
これからセルロースファイバーを使って家を建てられる方にとって
とても自慢できる建物です!!!

ありがとうございました。

それと、本堂にとてもきれいに咲いてました。
あー今年もお花見に行きそびれてしまいました・・・

セルロースのお問い合わせはこちら

セルロースの特徴をわかりやすくした解説本はこちら

               業者さんはこちら