Home > 6.フラット35, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > 家を建てるときに得すること 住宅エコポイント フラット35 補助金など

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

家を建てるときに得すること 住宅エコポイント フラット35 補助金など

こんにちは。
歩いているとキンモクセイのいい匂いがしてくる時があります。
秋らしくなってきましたね。

家を建てる時に是非、勉強して欲しい得することがあります。

  ・住宅エコポイント
  ・フラット35S 
  ・地域産材の補助金
  ・住宅火災保険
  ・床の断熱、壁の断熱、屋根の断熱
  ・窓のガラスの結露、壁の結露
  ・屋根の遮熱、外壁の遮熱
  ・太陽光発電
  ・災害に強い住宅(耐震性、防火性、事前の防災)
  ・建物の風通し
  ・採光、日射のとり方
  ・メンテナンス性、建物のメンテナンスノウハウ、DIY
  ・建物の点検
  ・地盤と標高
  ・電気設備、エアコン、照明の省エネルギー性
  ・築後のライフスタイルに対応できる可変性
  ・木造の防蟻性
  ・外構の可変性と植裁の樹齢で大きくなるときの対応
  ・サビ、汚れに対するメンテナンス対応

いろいろありますが、大切なキーワードです。
このキーワードで少し調べるといろいろなことが学べると思いますので
是非、建てる前に少し情報を入手されるといいと思います。
このブログでも少しずつ紹介していこうと思います!
  

住宅エコポイントが7月末の着工分で終了しましたが、
復活に向け調整していることを明らかにした。
住宅の新築については、原則15万ポイント(1ポイント=1円相当)
と従来の半額で調整。
ただし、被災地に関しては30万ポイントを維持する。
また、省エネリフォームについては上限30万ポイントのままとし、
耐震改修を実施する場合は、15万ポイントを上乗せする方針だそうです。

フラット35という長期固定金利住宅ローン「フラット35S」の金利引き下げの「継続」に向け、3次補正予算での資金確保に向け適用範囲を絞り込むなどし、調整しているそうです。

前田国交相などが表明している「スマートシティ」など低炭素型社会を少しでも早く実現できるように、関連する政策を推進されることも考えられているそうです。