Home > 9-1.断熱材不足, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > グラスウール 不足 品薄 原因 断熱材・・・・

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

グラスウール 不足 品薄 原因 断熱材・・・・

グラスウール、ロックウールの断熱材の品薄、不足が続いています。
原因はメーカーの撤退、減産、エコポイントでの断熱材強化などで、
供給量を大きく予測し間違えられたのではないかと思います。

最近、グラスウール、ロックウールが品薄なため、
断熱材を切り替えられる方が 増えています。
検討などの問い合わせも多くなっています。
この期に、一時のエコポイントの対応のためではなく、
本当に省エネでエコな住宅を 検討していただけると、
ドイツなどの世界の基準に近づいていくのではないかと思います。

では、断熱材品薄、不足の対応について
現在、多くは平成11年に出されました住宅の省エネルギー基準の全面改正により
次世代省エネルギー基準等級4が設けられました。

・躯体の断熱性能の強化
・全地域を対象に気密住宅を前提
・計画換気、暖房設備等に関する規定の追加 その後追加一部改正されています。

エコポイントを受けるためには、
これらに対応するためしっかりとした断熱が必要となります。
今まで多くやっていたように見えて普及されていなかったんですね。
それがエコポイントを受けるためには絶対必要で、
審査もあることから 断熱材の供給側の対応もそれにあわせた対応が必要なんですね。

省エネ対策の義務化もうたわれている中ですので 簡単に例を挙げて説明させていただきます。

場所:名古屋 地域区分:Ⅳ地区

壁 住宅用グラスウール16K 100mm → セルロースファイバー55K 90mm
天井 住宅用グラスウール16K 180mm → セルロースファイバー25K 160mm

です。

壁は熱抵抗値Rc=2.2以上 天井は熱抵抗値Rc=4.0以上 が条件です。
これ以外にもトレードオフなどの緩和規定がありますので一概には言えませんが
1つの基準です。

防湿シートもグラスウールと同じくセルロースファイバーも必要です。
ただし、緩和規定で必要ない場合や実証できる場合もあります。

ご相談などありましたら、
お気軽にこちらまでご記入ください!

↓建築相談なら

↓セルロースファイバーの施工依頼なら

↓セルロースファイバーの勉強なら

↓家づくりのマールマガジン登録なら

↓↓↓↓↓↓↓↓

ついにできました小冊子!!

難しいお話ばかりではないです!

お待たせいたしました!!
昨日、やっと出来上がりました。

「やさしさとぬくもり」〜セルロースファイバーと共に〜

家を建てる前に是非読んでほしい小冊子です。
5分で読めます。イラストをたくさん使っていますので、
本が苦手な人、時間が無い人でも すらすら読んでいただけます。
セルロースの歴史あり、不思議ありでおもしろたくさんです。
是非読んでください!!

家を建てられるご予定の方は、こちらまでお申し込みください!
出版記念で無料です!!

セルロースファイバー小冊子

追伸)
出版に際していろいろな方に協力していただきました。

ほんとたくさん。厳しい意見も。 情報も。労力も。イラストも。
本当にありがとうございました!

わかりやすくを根底に試行錯誤を繰り返し、出来上がるまで4月から7ヶ月かかってしまいました。 たくさんの方に使っていただき、読んでいただけたらありがたいです。

また、出来上がり前から、ご予約していただいた皆さん、本当にありがとうございました。

小さい組織なので、本当に助かります!!

セルロースファイバーの住宅が増え、笑顔が増える様にもっともっと活動していきたいと思います! ほんと感謝してます!ありがとうございました!

これからも皆さんのお力がもっともっと必要ですので、これからもよろしくお願いいたします。