Home > 2.セルロースの施工, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > セルロースファイバー断熱材の床の施工

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

セルロースファイバー断熱材の床の施工

セルロースファイバー断熱材の床の施工方法を説明します。
 

床セルロース吹き込み状況です。
 

  
床セルロース吹込み施工完了
 
床セルロース吹込み施工完了

 
新築の床施工は施工方法、工程をしっかり打ち合わせする必要があります。
1.まず土台、大引きの下端にセルロースシートの垂れ防止に500mmピッチ以内に木下地(胴縁、垂木など)を取付けます。
(土台、大引きのピッチが多くは910ピッチに入っているためセルロースのシートを支えきれず、垂れますので、木下地を入れ500mmピッチ以内にします。これは厚さによっても変わりますので、非常に厚い場合は間隔を狭くします。)
2.セルロースの下端になるような位置にセルロースのシートをステープルで貼ります。
吹き込んだときにセルロースが吹き出ないようにステープルで細かく留めます。
3.続いてセルロースの上端になる位置にシートを貼ります。
4.上側のシートに穴を開けてセルロースを吹き込みます。
5.床のセルロースの吹込み密度は55kg/m3です。
しっかり隅々まで吹き込みます。
 
まだまだ気をつけるポイントはたくさんあります!
弊社では長年のセルロースの施工をしております。
経験と実績、セルロースの専門技術と知識をを持ち合わせております。
 
また、自社施工を導入していただけるようセルロース吹き込み機械、セルロースの材料をしっかりとサポート致します。
 
御問い合わせは 
㈱ヴィックラインまで。
メールはこちらまで。
 
 
セルロース断熱材 
 
 
冬暖かく夏涼しい家の断熱材セルロースファイバーの
 わかりやすく解説した小冊子は こちら

セルロース小冊子
 

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%b0%8f%e5%86%8a%e5%ad%90%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%80%e5%b7%a5%e5%8b%99%e5%ba%97%e6%a7%98
 
 
%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%b0%8f%e5%86%8a%e5%ad%90%e7%84%a1%e6%96%99%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab