Home > セルロースファイバーブログ

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるための情報ブログです。セルロースファイバーの情報を中心に家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

経産省がセルロースナノファイバーという木質繊維物質に期待しています。
セルロースファイバーの規格ではないですが、木質繊維は特性、高機能の
たくさんの魅力が評価されてきたということですね。
家づくりももっともっと木質繊維断熱材セルロースファイバーが
広がる可能性が出てきますね!


日刊工業新聞より以下

経済産業省は次世代の高機能材料と期待される木質組織由来の繊維状物質
「セルロースナノファイバー」(CNF)の国際規格づくりに本腰を入れる。
CNFとしての特性や品質に関する計測方法を中心に、
物質または工業材料としての評価方法を2015年度から3カ年ほどで確立し、
国際標準化機構(ISO)に提案する方針。
6月に発足した産学官のコンソーシアム「ナノセルロースフォーラム」を軸に検討を進め、
CNFの事業化をめぐる国際競争で優位に立つための条件を整える。

 
 物質としてのCNFの主要な要件を特定し、
この要件をどの程度満たすかを調べる評価方法を確立する
「計測・キャラクタリゼーション」の分野を中心に標準化作業に取り組む。

(1)命名法や用語の定義付け
(2)安全性や健康への影響、環境への負荷に関するリスク評価方法の確立
(3)各種工業材料としての特性の決定と規格化―の各分野における取り組み方針も練る。

 
 
 
 



 
セルロースの事がわかりやすく説明しています小冊子はこちら

先日、ドイツから最近のセルロースを使ったドイツのパッシブ住宅の
仕様を教えていただきました。

つい5年前は、一般的には
壁は240mmが標準と聞いていたのですが・・・・

ほんの一例ですが

屋根のセルロースの厚み 300mm~400mm + 外断熱が付加される場合あり

壁のセルロースの厚み 300mm + 外断熱50mm~100mm 

ドイツではケラー(地下室)設けるケースが非常に多く、
ケラーの壁や床には、外断熱が付くケースが多いそうです。

日本で言う基礎断熱でしょう。

日本では敷地が狭いため、
壁の厚さが300mmになれば両側で600mmですので
間取りが狭くなってしまいます。

日本で標準にしようとするには、
いろいろな工夫が必要と思われますが、
間仕切り壁の厚さが厚くなるのではなく、
外壁だけなのでなんとか取り込めると思います。

これから10年、日本の住宅もどんどんドイツに追いついていくことでしょう!

セルロースの事がわかりやすく説明しています小冊子はこちら

省エネ法の住宅省エネルギー基準の改正(平成25年10月)と
エコまち法の低炭素建築物認定基準の制定(平成24年12月)に伴い、
日本住宅性能表示基準及び評価方法基準の省エネルギー基準に関する部分が
改正されます。

一次エネルギー消費量は、
省エネルギー基準よりも水準の高い低炭素建築物認定基準相当が
最上位の等級に設定されます。

省エネの適用が確実に進んでいきます。
早くから準備が必要です。
プランニングや建物の仕様を検討する時間を
少しずつ作っていくことをオススメします。

セルロースファイバー住宅性能表示

セルロースファイバー住宅性能表示

セルロースファイバーを採用された家もメンテナンスが必要です。

まずはお掃除から

エアコン

全然違いますが、
車のエアコンのフィルターはこんなに汚れています。

このお部屋のエアコン、車のエアコンのフィルターは、
ホコリ、お部屋の水蒸気、砂、など有機物、無機物などさまざまなものが付着して
汚れます。水蒸気が付着することによってカビも発生し、エアコンの吹き出し口まで
広がり、カビの菌を撒き散らす原因にもなってしまいます。
せっかくシックハウスの少ないセルロースファイバーなど自然素材の家づくりをしても
エアコンからカビ菌などでアレルギーの原因を作ってはどうしようもないですよね。

また、エアコンが汚れるとエアコンの効率が落ちて設定温度を変えるため
電気の消費量がたくさんかかるようになります。
これもせっかく高断熱・高気密の家にしていて省エネにしていても・・・・

なので
定期的にエアコンからお掃除しましょう。
換気扇もフィルターも忘れずに!!!
これも重要です。
結構、カビテイマス!

工務店、設計士探しリレーとしまして全国の工務店さんをご紹介いたします。
第14弾は長野県の株式会社サンプロさんです。

サンプロ建築設計さんでは、
「自然素材でつくる家」というコンセプトで『基本性能が高く
住み心地のよい家づくり』を行っています。
「家」ではなく、家を通じて得られる、お客様の「笑顔」や「豊かさ」です。
『居住性』『耐久性』『経済性』3つのバランスを取れた家づくりが、
家族の豊かさのみならず地球環境への配慮にも繋がります。
こんな家づくりをご提案されています。

風景を切り取る家

ピクチャーウインドウから、
美しい北アルプスが眺望できる開放的なLDK。
モダンな空間にこだわり、
キッチンスペースから家具に至るまで洗練されたデザインで統一。
信州の暮らしを満喫できる都会的なお家に仕上がりました。

空間がおしゃれでかっこいいですね!!!
憧れます・・・

株式会社サンプロ 家づくり

株式会社サンプロ キッチン

和を感じる2世帯の家

バランス良く和が融合した、和風なモダンスタイルの家。
親世帯は少し落ち着いた明るめのブラウン、
子世帯はモダンな濃い目のブラウンを基調としたインテリアに。
お互いの世帯がストレスを感じないよう、
必要な時に行き来ができるプライバシーの確保された
毎日の生活に配慮したプランになっています。

モダンで落ち着きますね!!!
モダンの中に和風が素敵ですね。

株式会社サンプロ完成物件リビング

長野サンプロ完成物件リビング

LDKと和室が一体の家

LDKと和室が繋がった、大空間の広がるナチュラルテイストの家。
使い勝手とメンテナンス性を重視し、
動線計画とお手入れのしやすさを大事にしました。
また、断熱性にも優れた暖かい家に仕上がっています。

LDKと和室の融合が素敵です!!!ナチュラル感がホッとしますね。

長野サンプロ施工 リビング

サンプロ 施工 LDK

サンプロさんのクオリティーです

あたたかい家 高断熱・高気密

「冬暖かく、夏涼しい家」は家作りの永遠のテーマとも言えますが、
無垢の木でつくる家はあたたかく安らぎを与えてくれます。
これは科学的にも証明されています。

熱伝導率(※1)で比べてみると「無垢の木」は、
なんと鉄の1/500、そしてコンクリートの1/10と、
とても熱を伝えにくい性質を持っています。
触ったときに、金属やコンクリートのように
“ひやっ”としないのは、木が手の熱を奪わないからなのです。
また、温もりを感じさせる木の感触として、
木肌に手で触れるとリラックスするという「安らぎ効果」も、
林野庁の森林総合研究所が科学的に立証しています。

サンプロで作る自然素材の家は、
無垢の木を使った木造住宅です。
あたたかく安らげる「最高の癒し空間」を提供しています。

家づくりにおいて、高断熱・高気密という言葉を
よく耳にされるかと思いますが、
断熱性・気密性が高いということは
建物内部の温度を長時間に渡って
一定に保つことができるということです。

冬場、一度空気をあたためたら暖かさが、
夏場、冷房をかければ涼しさが持続します。
高断熱・高気密の建物は夏冬の温度差が大きい
信州では欠かせない仕様です。

断熱工法として
セルロースファイバーを採用されています!

株式会社サンプロさんは、
ぜひ、一度ショールームへ入ってみてはいかがでしょうか?

青柳社長さんもスタッフの皆さんも優しい人ばかりです。ほんとです。
是非ご相談されてはいかがでしょうか?

お客さまのライフスタイルに合わせた住まいを、
素材とデザインにこだわりを持つ建築家たちがプランニング。
思い描く「理想の住まい」を建築士とお客さまが何度も何度も打ち合わせを重ね、
一緒につくりあげるオーダーメイドの家。
自然素材は有害物質の発散が少なく、安心・安全な空間で生活ができます。
さらに力を入れているのがデザイン。
外装・内装・照明・家具・雑貨とトータルでサポート。
まずは無料資料請求からどうぞ。

お問い合わせはこちら↓

会社概要
会社名 株式会社サンプロ
所在地 〒339-0701 長野県塩尻市広丘吉田662-9
電話 0120-36-4655  /  0263-85-4636
FAX 0263-85-4633
代表取締役社長 青柳社長さん

名古屋のロビンさんで完成お披露目会があります。
とっても素敵なおうちです。
↓下記ご覧下さい。

こんにちは、愛知県のロビンです。
東海地方も梅雨入りしましたね。

「梅雨の日でも室内は快適!」を体感しにいらっしゃいませんか?

Robin完成邸宅お披露目会の開催です。
6月14(土)、15日(日)に大府市にて完成邸宅お披露目会を開催致します。

「オイワケの家」完成邸宅お披露目会
Robin完成見学会
※画像は内覧会会場とは異なります。

開催日 2014年6月14日(土)・15日(日) 予約制
時 間 10:00~17:00
会場 愛知県大府市追分町

駐車スペースの関係で、「予約制」とさせて頂いております。

見学ご希望のお客様はご予約をお願いいたします。
ご予約・お問合せ
通話料無料 0120-157-127

または、メールで  「内覧会予約」でお申込みください。
スタッフ一同、ご予約心よりお待ちしております!


~見どころ~

モスグリーンの壁に三角屋根の外観です。

室内は羽目板とパイン材でおしゃれな”小屋”のような雰囲気をデザインしました。

薪ストーブのある吹抜けリビング、

大型犬と暮らすためのペットドアや広い庭が見どころです。

Robin完成見学会
※画像は内覧会会場とは異なります。

↓お問い合わせはロビンさんの資料と書いてください

こちらの会社の企業情報 詳しくはこちら
会社名 株式会社ロビン 一級建築士事務所
所在地 愛知県名古屋市名東区八前2-1002 電話 052-760-3800
FAX 052-760-3755
代表取締役 蜘手社長さん

千葉のAsWellさんで完成見学会があります。
とっても素敵なおうちです。
↓下記ご覧下さい。

皆さまこんにちは。千葉県のAsWellアズウェルです。
今度、AsWellで6月14,15日に『大屋根&ウッドデッキのある  つながりのある家』の完成見学会を開催致します
アズウェル AsWell 完成見学会

AsWell 『大屋根&ウッドデッキのある  つながりのある家』完成見学会
日程:2014年6月14日(土)15日(日)
場所:千葉県印西市平賀学園台3丁目18

さて今月も素敵なおうちを見て頂く機会があります。

場所は千葉県は北部になる印西市という街です。近所には酒々井のアウトレットモールが最近出来ました。そこから車で10分くらいのところでしょうか。

酒々井のアウトレットモールに寄った帰りにでもご参加頂ければと思います。

コンセプトは当然「子育てしやすい家」という事も入ってきます。イコール「家事のしやすい家」ということになります。

外観やコンセプトも素敵なおうちです。

まず目を引くのが大きなダブルのドアです。両開きの大きなドアで、家造りを始める一番初めから、出てきていた話です。

ですから、この家の一丁目一番地はこの玄関ドアなのかもしれません。

大きく、人を迎え入れる事の出来るドア。これもこの家のコンセプトを如実に表していると思います。

「人を迎え入れる家。」

また、家の形はL型をしています。L型の中側部分に大きなデッキが付いており、ここに陽だまりが出来る設計になっています。

設計を進めていく際に、こんなお話をさせていただく事があります。

「この敷地の中で、どこに陽だまりを造りましょうか?」と

そこから設計がスタートすると言っても過言ではありません。

外観も大きな特徴があり、大屋根とカバードポーチがいつもの通り素敵で、かつ重厚感のあるフォルムをつくってくれています。

また、バルコニー上のトラスもログ好きな方はお好きなディティールなのかな~と思います。

今回の見学会もフリーの見学会になりますので、ご家族でご都合の良い日程で、自由にご見学下さい。

このお家は、約33坪という大きさです。決して大きすぎず、小さすぎず、一般的な大きさと言えます。

「もし、自分たちの家族だったらどういう間取りにするのだろう。自分が採用を考えている設計や空間設計、

パントリーの有無や大きさ、吹抜けの有無、玄関まわりをいかにして、スッキリ見せるのか、

キッチン回りの配置や収納量など、実物の住宅でなければ確認できないヒントが満載です。

自分たちの家族だったらもう一部屋欲しいかな。やっぱり40坪はあったほうが良いな。

もう少し小さい間取りで良いな。」など、

ご自分のご家族へとフィードバックして見て頂ければ、きっと色々なヒントが見つかると思います。

是非、有害物質のほとんどない、「ゼロ宣言の家」と4つの特徴を持つ断熱システム「クアトロ断熱」で建てられた住宅をご実感下さいませ。

アクセスは  場所:千葉県印西市平賀学園台3丁目18

是非ご来場を心よりお待ちしております!

↓お問い合わせはAsWellさんの資料と書いてください

こちらの会社の企業情報
会社名 株式会社Aswell
所在地 千葉県市原市うるいど南3-8-3 
電話 0120-40-5443
FAX 0436-40-5446
代表取締役 加藤社長さん

詳しくはこちら

セルロースファイバー断熱材に防湿シートは必要ですか?

この質問は良く聞かれます。

セルロースは調湿効果があるから防湿シートはいらない?
セルロースは結露しない?
そんなことはございません。
セルロース吹き込み後のセルロースの自立 セルロースファイバーナビ

確かにセルロースには調湿効果があります。
冬に家の外と中の温度差が大きくなった時に、
お部屋で加湿したり、お料理をしたり、お風呂に入られたりして
水蒸気がたくさんになってきたら、水蒸気は逃げ場を探すように
壁の中に入り込もうとします。

壁の構造で水蒸気が壁の中に入りやすく、屋外へ出にくい構造でしたら、
いくらセルロースファイバーでも最初は調湿効果できますが、
許容を超えれば結露します。

構造の組み合わせも、気候も、室内の水蒸気の量も大切な要因です。

暖かい地域で壁の構造も屋外に水蒸気を透湿しやすい構造で、
室内の水蒸気量も24時間換気扇などでコントロールできれば
いいかもしれません。十分な設計と住まい方の管理が必要です。

結露はリスクです。基本は防湿シートをお薦めします。
十分検討した設計と住まい方の管理ができれば、
防湿シートを省略することも可能だと思います。

セルロースに防湿シート セルナビ

低炭素住宅とは?

低炭素住宅認定制度は2012年12月4日、都市の低炭素化(CO2排出抑制)を
目的に施行された認定制度です。

低炭素住宅認定要件は
1.改正省エネ基準による外皮性能
2.一次エネルギー消費量を改正省エネ基準より10%以上削減
3.低炭素化の取り組み

(-改正省エネ基準スペシャルサイト-より)

です。

認定対象は
市街化区域等に限定。この地域から外れる場合は、認定は受けられません。

断熱材としてセルロースファイバーももちろん対応できます!
特にセルロースファイバーには、外壁の通気層のこと、防湿シートのことなど
必要、不必要などの条件についても次回詳しくご説明致します!

新年あけましておめでとうございます。

昨年はたくさんの方のご支援、ご指導、お力を
貸していただき本当にありがたいく感謝しています。
本当にありがとうございました。

この1年やり遂げられなかったこと、失敗したことなど
今年は・・・という思いでまた1年計画立てて挑みたいと思います。

この時期、暖かさが非常にありがたく感じますよね。
衣服も発熱するインナーや薄くても暖かいジャケットなど、
家も暖かい家にできればじっとしてないで動きたくなります。
朝も目覚めが良くなるのではないでしょうか?
夏になれば冬の寒さは忘れて、暑さとの戦いです。

冬になっても暖かさを、夏になっても涼しさを感じれる家づくりを
いろいろな形でご支援できればと思います。

                            

広島県安芸郡熊野町で現地完成見学会を開催致します!!

小田原ハウジング セルロースファイバーナビ

小田原ハウジングさんのこだわりがあります!
ぜひこの機会にご覧下さい。

場 所 広島県安芸郡熊野町石神
開催日 平成25年11月16日(土)、17日(日) 10:00~17:00
TEL 0120-927-793
メール mail:yumehome@odawara.cc
FAX (0823)73-3794
心よりお待ちしております!!!

”本物の注文住宅” 本物の自然素材の家” を是非見に来てください! 
無垢材と塗り壁、セルロースファイバー断熱材をふんだんにつかった家です。

見どころたくさんです。

アクセスは、
小田原ハウジング完成見学会地図

是非、ご来場ください。心よりお待ちしております!!

のぼりを目印にお越しください。
場所が分かりにくかったり、ご不明な点がある場合は遠慮なくご連絡ください。

当日現地案内番号 
  0120-927-793(小田まで)

お問い合わせは、小田原ハウジングさんの完成見学会についてとご記入ください。

会社情報
会社名 株式会社小田原ハウジング
所在地 広島県呉市広古新開9丁目9-19
電話 0120-927-793 0823-73-3793
FAX 0823-73-3794

お問い合わせの、長期優良住宅ですが、結論は可能です。

専門的なことですが、
セルロースファイバーの所定の厚さ、防湿シートの施工、通気層の施工
などが重要で、いずれも方法によって可能です。
また、セルロースを呼吸させるために、防湿シートを外したい場合は、
仕様、建築地によって可能な場合がございます。
これには、申請時にしっかりとしたの根拠の添付が必要です。

断熱材の仕様以外にもいろいろな規定があります。

長期優良住宅にかかわらず、断熱の強化は省エネ、住みここちに
大きく影響しますので、構造と合わせてご検討下さい!!!

セルロースファイバー

皆さんこんにちは。三重県鈴鹿市の株式会社みのやです。
鈴鹿市桜島町にて・トリプル断熱の家の完成内覧会を開催します。

日  時:9月28日(土)、29日(日) ご予約制
開催場所:三重県鈴鹿市桜島町

ご予約は
みのや鈴鹿ハンター店 059-373-7977 0120-818-190

(お施主様のご好意により開催させていただきます)
メール minoya@e-minoya.com
℡0120-818-190  FAX059-386-6009
お気軽にお電話ください!!!

オーナー様はもと建築関係の方で断熱材には特にこだわりました。
そんな素敵な自然素材の家が完成致します。セルロースファイバー
トリプル断熱、生体エネルギー活用の空気が美味しい空間を
ぜひ体感して下さい。
オーナー様のご好意により開催させていただきます。

会社情報
会社名 株式会社みのや
鈴鹿ハンター店・住まいの情報館  ショールームも必見ですよ!
電話 0120-818-190、059-373-7977
白木社長さん

お問い合わせは、みのやさんの完成見学会についてとご記入ください。

新年あけましておめでとうございます。
昨年1年たくさんの方にお世話になり、お支援頂き大変感謝しております。
ありがとうございました。

今年もますますの省エネ時代です。
消費税に対する対応も対策と準備が必要な年になります。
低酸素に向けた住宅と住まい方にも徐々に具体的に動きを
いけないですね。

そこで、
いろいろなことが手探り状態のことがいろいろ出てくると思います。
ここでも少しづつ整理して、具体的にご質問いただいたこと
や基本的なことを公開していこうと思います。
もちろん個人情報は伏せておいてです。
より、これから家を建てられる方、断熱の取り組まれる方、
健康で安全な家をお考えの方、長持ちする家を取り組まれる方などなど
世界基準に向けて少しでもお役に立てられればと思います。

今年もよろしくお願い致します。

                     セルロースファイバーナビ運営
               株式会社ヴィックライン 代表取締役 青木洋一郎

こんにちは。

残暑お見舞い申し上げます。
なかなか暑い日が続いていますね。
現場での日々の作業にはほんと頭が下がります。
体調管理には気をつけてください。

セルロースの吹き込みシートはとても重要なんです。

シートの役割は、シートを貼ってその中にセルロースを
吹き込むものです。

このシート、ただの布のように見えますが、
風邪をひいた時に使うマスクに使われているものと
よく似たもので、不織布と呼ばれています。
この不織布とは、繊維を織らずに絡み合わせたシート状のものを言います。タテヨコにランダムに配列され、厚みや空隙を簡単に変更できる特徴を持っています。
なので空気を逃がしやすく作ることが容易なのです。

セルロースは吹き込むときに空気で圧送するため、
たくさんの空気を含んでいます。この空気と共に
シートの中に入り込むのですから、空気が逃げなければ
シートはすぐ破裂します。シートから空気だけが抜け、
セルロースが空気に押され、圧力がかかり、どんどん材料が押し込まれ、密度を上げていきます。
その時に、プス、プスとシートからエアーが逃げていきます。それもいたるところから空気が逃げていきます。
だから、セルロースがパンパンに詰まり、密度が
壁でしたら、密度が55kg/m3以上しっかり入り込みます。
実際の現場では、55〜65kg/m3ぐらいになっているぐらいです。ちょっとしっかり入っているなあと思うと、
65〜70kg/m3ぐらい入っています。
ほかの断熱材と比べると密度は比較になりません。
例えばエコポイント対応のグラスウールは16kgです。
(Ⅳ地区対応)
その差は歴然です。

シートについてもう少し深く追求すると、
シートの空気の抜け具合で、セルロースは密度を上げることができないんです。これは本当のことです。
ぶ厚いシートをピーンと貼ると見た目はセルロースが入っていなくてもパンパンに見えます。さらにセルロースを吹き込んでも、エアーが抜けにくく、セルロースの密度を上げることができない・・・・
密度が上げることができないと、当然、セルロースの自重に
耐えられなくて沈下します。沈下すると、隙間が空き、
断熱としては欠損となり、せっかくのセルロースが
台無しになることはもちろん、結露が起きやすくなります。

セルロースのシートは空気が十分抜けるシートというのが条件になりますね。

このシート裏の合板が透けて見えるぐらいのシートです。
理想です。

さらに、セルロースを吹くのに使った穴はセルロースのシートで止めましょう!ビニールテープは一時的にはいいように見えますが、胴縁などの空間で剥がれ、均一ではありませんからね。

新年明けましておめでとうございます。

昨年はたくさんの方の心温まるお言葉やアドバイス、ご支援、お力を
貸していただいた方に本当にありがたいく感謝しています。
ありがとうございました。
今無理なことがたくさん或ことは受け止めながらも、
少しづつ詰めていきたい、多少間違っていても、頑張れば報われると
信じ続ける1年でした。
今年はもっとジタバタじながら、もがきながらいきたいと思います。
よろしくお願い致します。

年末でぐーっと冷え込みが強くなりましね。
家の中や作業される工場や作業場、施設や学校の中も
温度が下がり、温度を上げるための暖房を強くするように
なってきましたね。
重ね着したり、暖房の設定温度を下げたり、
仕事でも寒さ対策をした機能性のあるものが次第に
多くなってきました。
これがもっともっと加速すると思います。
エネルギーを作り続けるより、エネルギーを使わないように
するほうが簡単だからです。
衣服を代表に、住宅もそうです。
そのほうが安く済むからです。そのほうが快適だからです。

アメリカのセルロースメーカーのタミー社長からお聞きしました。
政府が何もしないときほど大切です。
本当に寒くなったり、エネルギーがなくなったりしてからでは
コストが掛かります。事前の準備と計画が大切です。
アメリカでも最初からセルロースファイバーが普及していたわけでは
ありません。必要に備えて、普及してきたそうです。
以前は日本のエコポイントと同じように$1,000の補助金もあったそうです。
+$300の追加もあったそうです。
そんな歴史を経過して、セルロースファイバーの普及が広がったそうです。

タミー社長との打合せ

こんにちは。
歩いているとキンモクセイのいい匂いがしてくる時があります。
秋らしくなってきましたね。

家を建てる時に是非、勉強して欲しい得することがあります。

  ・住宅エコポイント
  ・フラット35S 
  ・地域産材の補助金
  ・住宅火災保険
  ・床の断熱、壁の断熱、屋根の断熱
  ・窓のガラスの結露、壁の結露
  ・屋根の遮熱、外壁の遮熱
  ・太陽光発電
  ・災害に強い住宅(耐震性、防火性、事前の防災)
  ・建物の風通し
  ・採光、日射のとり方
  ・メンテナンス性、建物のメンテナンスノウハウ、DIY
  ・建物の点検
  ・地盤と標高
  ・電気設備、エアコン、照明の省エネルギー性
  ・築後のライフスタイルに対応できる可変性
  ・木造の防蟻性
  ・外構の可変性と植裁の樹齢で大きくなるときの対応
  ・サビ、汚れに対するメンテナンス対応

いろいろありますが、大切なキーワードです。
このキーワードで少し調べるといろいろなことが学べると思いますので
是非、建てる前に少し情報を入手されるといいと思います。
このブログでも少しずつ紹介していこうと思います!
  

住宅エコポイントが7月末の着工分で終了しましたが、
復活に向け調整していることを明らかにした。
住宅の新築については、原則15万ポイント(1ポイント=1円相当)
と従来の半額で調整。
ただし、被災地に関しては30万ポイントを維持する。
また、省エネリフォームについては上限30万ポイントのままとし、
耐震改修を実施する場合は、15万ポイントを上乗せする方針だそうです。

フラット35という長期固定金利住宅ローン「フラット35S」の金利引き下げの「継続」に向け、3次補正予算での資金確保に向け適用範囲を絞り込むなどし、調整しているそうです。

前田国交相などが表明している「スマートシティ」など低炭素型社会を少しでも早く実現できるように、関連する政策を推進されることも考えられているそうです。

  

こんにちは。

風がくるぅーーーーーーーー
子どもたちが車の後ろの席に座って、窓を空けて、車が走り出すと
風がくるぅーーーーーーーーって気持ちよさそうに叫んでます。
ニコニコです。
秋の風は気持ちがいいですね。

家を建てるときに得することの1番は
住宅ローンを検討することです。
大きいお金を使いますので、少しの差でも大きく変わります。

住宅ローンの種類はたくさんあります。
 銀行ローン
 JA農協ローン
 ろうきんのローン
 フラット35
  ・・・・・

各地区で独自のローン商品を用意しているところがありますので、
是非、金利、固定変動年数、手数料、保証料、特典が違いますので比較検討を
してみてください。

30年3,000万円固定金利、元利金等返済
1%金利が上がると500万円近くかわります。

金利上昇のリスクが気になる方はフラット35がオススメです。

金利の変わらない住宅ローン金利の変わらない住宅ローン【フラット35】とは、
民間金融機関と住宅金融支援機構が提携してみなさまに提供している長期固定金利住宅ローンです。
長期固定金利住宅ローンは、資金のお受け取り時に返済終了までの金利・ご返済額が確定する住宅ローンですので、長期にわたるライフプランを立てやすくなります。
フラット35はこちらから詳細がご覧になれます→http://www.flat35.com

ビデオでもわかりやすく説明しています。

フラット35は建物の仕様も基準がしっかりしています。
一定の基準をクリアーしないと融資が受けられません。
しっかり審査があります。
そういうところも安心ですね。
もちろんセルロースファイバー断熱材でも基準をクリアーしますので
ご安心ください。
省エネ等級4もクリアーすることが可能です。

フラット35の金利優遇も考えられているそうです。

銀行ローン、JAローン、ろうきんなども独自で地域によって
いろいろな内容を持っていますので、工務店さんと相談しながら
独自でもしっかり検討されるといいと思います。

こんにちは、青木です。

暑い日が続いてますね。電力量もピークでしょうか?
出来ることから少しづつ始めましょう!

エネルギーを大切にする国、ドイツの家づくりは一体どうなんでしょう?
気になりますね。
できるだけ冷暖房を使わず、エネルギーを大切に使う!
大切ですね。
少しのエネルギーを最大限使いきっていく、
これって、自然エネルギーで発電することより
エコってことじゃないでしょうか?

ということで、
環境先進国ドイツの家の断熱材の仕様は、

ドイツの断熱 セルロースファイバーナビ

2×6の壁に2×4の壁を組み140mm+90mm=230mm厚さ
のセルロースファイバーがぎっしり入っています。
さらに、
外側には木質パネルの3重貼りで
柱から熱が伝わるのを防ぐヒートブリッジ対策の
外張り断熱です。
ドイツではこの仕様も人気があるようです。

こちらは少し控えめな2×6(140mmの厚さ)に木質パネルタイプです。
ドイツのセルロースファイバー断熱
これも最初の仕様と比べると少なく感じますが、
断熱材厚さ140mm+木質パネル3重で30mmの計170mmの厚さです。

他にも
ドイツの断熱仕様

サッシもフレームとガラスが熱を伝えにくくする樹脂性トリプルサッシです。
ドイツの住宅仕様

どれも、エネルギーの消費を極力少なくした仕様です。
日本の次世代省エネルギー仕様がⅣ地区で壁90mmなので
比べるとどれも1.5倍以上!230mmの仕様だと2.5倍以上!です。
サッシもトリプルならさらに・・・

日本の仕様も次世代省エネルギー仕様(Ⅳ地区で壁90mm)が標準化されよう
としています。
ドイツの仕様とはまだまだ程遠いかもしれませんが、
すこしずつ見直されつつあります。

建築、断熱などご相談などはコチラから
お気軽に!どうぞ

セルロースファイバーの小冊子はコチラから

セルロースファイバー断熱の屋根の通気、天井の換気は必ず必要です

最近、エコポイントの政策もあって、高断熱になっています。
そして、間取りは2Fへ吹き抜けが人気のようです。
このように住宅が変化してきて特に注意することがあります。

それは、

湿気のコントロールです。

室内の湿気が多くなると、飽和状態になり、
どこかへ逃げたくなります。

壁の中、天井の中へ逃げます。
温度差があれば結露して水蒸気が水に変わります。
今までは、サッシが貧弱(断熱性能が低い)だったので
窓ガラスで結露して、壁の中まで入りにくかったと思います。
または、サッシの隙間が多くて逃げていったのではと思います。
しかし、サッシが良くなるにつれ、
逃げ場がなくなり、24時間換気扇で屋外へ出さないと
いけなくなりました。
でも、24時間換気は、電源スイッチが入切できるものが多くて
電気代が気になり、OFFにしてしまいがちです。
そうすると、湿気はどこへ?

珪藻土や漆喰やセルロースファイバーは湿気を蓄えることが
出来ます。でも、限界があります。限界になるもしくは、
温度差が激しくなると、蓄えきれず、結露しやすくなります。
一時的なものでしたら、いいのですが、常時なら、まずいです。

結露→腐り、カビ→ダニ→建物の老朽化、シックハウス、アレルギー
を引き起こします。

重要なのは換気と通気です。

特に、吹き抜けの家では2Fに湿気が上がり、
天井を抜け、換気や通気がない家では結露しやすくなります。
屋根断熱では通気が取りにくいせいか、結露事故が最近になって
多いようです。

通気をしっかりとって湿った空気を棟換気などで効率よく
通気させできるだけドライになるような施工をお薦めします。
フラット35でも屋根断熱の通気層は高さ30mm以上を進めています。

ご相談などあればこちらまで

先日建て方の状況と屋根の通気の確認をしてきました。
特に四角の家なので、難しい物件です。

軒先の空気の流入口になる部分です。

パラペットの部分で空気の排気口になる部分です。
垂木が控えてあるのがわかりますね。

吹き抜けが大きいので柱が多く、筋交いがこれからたくさん入ります。

建て方はやっぱり素敵です!
3スパンありますが、3F建てではありません!迫力の吹き抜けです!

この物件はしっかり、通気が確保されるように十分な換気量と通気ルートが確保され、丁寧に造られています。
建て方の時に細かい作業はほんとしんどいですが、設計士さん、工務店さん、職人さんのいい家になってくれーという魂が込められています!

絶対いい家になりますね!

非常に暑い中、ありがとうございました。

また、この建物はこの暑さ対策に遮熱シートを採用されています!
次回はそのレポートをさせて頂きます。

ご協力いただいた素晴らしい皆さん
会社名 岩城建築設計事務所
所在地 愛知県犬山市西北野112-51 →こちら
電話 0568-68-4801
FAX 0568-68-4802
一級建築士代表 岩城所長さん

会社名 有限会社トップパートナー
所在地 愛知県名古屋市北区上飯田北町1丁目18-1 2F →こちら
電話 052-918-8663
FAX 052-918-8664
代表取締役社長 橋本社長さん

ありがとうございました。