Home > 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > 2.セルロースの施工

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

セルロースファイバー断熱材に防湿シートは必要ですか?

この質問は良く聞かれます。

セルロースは調湿効果があるから防湿シートはいらない?
セルロースは結露しない?
そんなことはございません。
セルロース吹き込み後のセルロースの自立 セルロースファイバーナビ

確かにセルロースには調湿効果があります。
冬に家の外と中の温度差が大きくなった時に、
お部屋で加湿したり、お料理をしたり、お風呂に入られたりして
水蒸気がたくさんになってきたら、水蒸気は逃げ場を探すように
壁の中に入り込もうとします。

壁の構造で水蒸気が壁の中に入りやすく、屋外へ出にくい構造でしたら、
いくらセルロースファイバーでも最初は調湿効果できますが、
許容を超えれば結露します。

構造の組み合わせも、気候も、室内の水蒸気の量も大切な要因です。

暖かい地域で壁の構造も屋外に水蒸気を透湿しやすい構造で、
室内の水蒸気量も24時間換気扇などでコントロールできれば
いいかもしれません。十分な設計と住まい方の管理が必要です。

結露はリスクです。基本は防湿シートをお薦めします。
十分検討した設計と住まい方の管理ができれば、
防湿シートを省略することも可能だと思います。

セルロースに防湿シート セルナビ

こんにちは。

残暑お見舞い申し上げます。
なかなか暑い日が続いていますね。
現場での日々の作業にはほんと頭が下がります。
体調管理には気をつけてください。

セルロースの吹き込みシートはとても重要なんです。

シートの役割は、シートを貼ってその中にセルロースを
吹き込むものです。

このシート、ただの布のように見えますが、
風邪をひいた時に使うマスクに使われているものと
よく似たもので、不織布と呼ばれています。
この不織布とは、繊維を織らずに絡み合わせたシート状のものを言います。タテヨコにランダムに配列され、厚みや空隙を簡単に変更できる特徴を持っています。
なので空気を逃がしやすく作ることが容易なのです。

セルロースは吹き込むときに空気で圧送するため、
たくさんの空気を含んでいます。この空気と共に
シートの中に入り込むのですから、空気が逃げなければ
シートはすぐ破裂します。シートから空気だけが抜け、
セルロースが空気に押され、圧力がかかり、どんどん材料が押し込まれ、密度を上げていきます。
その時に、プス、プスとシートからエアーが逃げていきます。それもいたるところから空気が逃げていきます。
だから、セルロースがパンパンに詰まり、密度が
壁でしたら、密度が55kg/m3以上しっかり入り込みます。
実際の現場では、55〜65kg/m3ぐらいになっているぐらいです。ちょっとしっかり入っているなあと思うと、
65〜70kg/m3ぐらい入っています。
ほかの断熱材と比べると密度は比較になりません。
例えばエコポイント対応のグラスウールは16kgです。
(Ⅳ地区対応)
その差は歴然です。

シートについてもう少し深く追求すると、
シートの空気の抜け具合で、セルロースは密度を上げることができないんです。これは本当のことです。
ぶ厚いシートをピーンと貼ると見た目はセルロースが入っていなくてもパンパンに見えます。さらにセルロースを吹き込んでも、エアーが抜けにくく、セルロースの密度を上げることができない・・・・
密度が上げることができないと、当然、セルロースの自重に
耐えられなくて沈下します。沈下すると、隙間が空き、
断熱としては欠損となり、せっかくのセルロースが
台無しになることはもちろん、結露が起きやすくなります。

セルロースのシートは空気が十分抜けるシートというのが条件になりますね。

このシート裏の合板が透けて見えるぐらいのシートです。
理想です。

さらに、セルロースを吹くのに使った穴はセルロースのシートで止めましょう!ビニールテープは一時的にはいいように見えますが、胴縁などの空間で剥がれ、均一ではありませんからね。

セルロースファイバー断熱の屋根の通気、天井の換気は必ず必要です

最近、エコポイントの政策もあって、高断熱になっています。
そして、間取りは2Fへ吹き抜けが人気のようです。
このように住宅が変化してきて特に注意することがあります。

それは、

湿気のコントロールです。

室内の湿気が多くなると、飽和状態になり、
どこかへ逃げたくなります。

壁の中、天井の中へ逃げます。
温度差があれば結露して水蒸気が水に変わります。
今までは、サッシが貧弱(断熱性能が低い)だったので
窓ガラスで結露して、壁の中まで入りにくかったと思います。
または、サッシの隙間が多くて逃げていったのではと思います。
しかし、サッシが良くなるにつれ、
逃げ場がなくなり、24時間換気扇で屋外へ出さないと
いけなくなりました。
でも、24時間換気は、電源スイッチが入切できるものが多くて
電気代が気になり、OFFにしてしまいがちです。
そうすると、湿気はどこへ?

珪藻土や漆喰やセルロースファイバーは湿気を蓄えることが
出来ます。でも、限界があります。限界になるもしくは、
温度差が激しくなると、蓄えきれず、結露しやすくなります。
一時的なものでしたら、いいのですが、常時なら、まずいです。

結露→腐り、カビ→ダニ→建物の老朽化、シックハウス、アレルギー
を引き起こします。

重要なのは換気と通気です。

特に、吹き抜けの家では2Fに湿気が上がり、
天井を抜け、換気や通気がない家では結露しやすくなります。
屋根断熱では通気が取りにくいせいか、結露事故が最近になって
多いようです。

通気をしっかりとって湿った空気を棟換気などで効率よく
通気させできるだけドライになるような施工をお薦めします。
フラット35でも屋根断熱の通気層は高さ30mm以上を進めています。

ご相談などあればこちらまで

先日建て方の状況と屋根の通気の確認をしてきました。
特に四角の家なので、難しい物件です。

軒先の空気の流入口になる部分です。

パラペットの部分で空気の排気口になる部分です。
垂木が控えてあるのがわかりますね。

吹き抜けが大きいので柱が多く、筋交いがこれからたくさん入ります。

建て方はやっぱり素敵です!
3スパンありますが、3F建てではありません!迫力の吹き抜けです!

この物件はしっかり、通気が確保されるように十分な換気量と通気ルートが確保され、丁寧に造られています。
建て方の時に細かい作業はほんとしんどいですが、設計士さん、工務店さん、職人さんのいい家になってくれーという魂が込められています!

絶対いい家になりますね!

非常に暑い中、ありがとうございました。

また、この建物はこの暑さ対策に遮熱シートを採用されています!
次回はそのレポートをさせて頂きます。

ご協力いただいた素晴らしい皆さん
会社名 岩城建築設計事務所
所在地 愛知県犬山市西北野112-51 →こちら
電話 0568-68-4801
FAX 0568-68-4802
一級建築士代表 岩城所長さん

会社名 有限会社トップパートナー
所在地 愛知県名古屋市北区上飯田北町1丁目18-1 2F →こちら
電話 052-918-8663
FAX 052-918-8664
代表取締役社長 橋本社長さん

ありがとうございました。

「セルロースファイバー断熱リフォーム、大規模リフォーム、全面リフォーム」

梅雨明けニュー関するニュースがいつ出ても不思議でないぐらい
暑さが続いてますね。これで梅雨が明けてしまったら、
本当に電力は大丈夫なのでしょうか?
予想よりはるかに・・・異常気象で・・・過去にない・・・などと
気象条件を理由に電力不足に急激に陥り、大停電のパニックは避けたいですね。
前回のプチ省エネをみんなで協力して乗り切りましょう!

さて、
エネルギーを使わなくても、心地よい家を造るには?
まず、暑さ、寒さを防が無くてなりません。
断熱に重点を置くことが重要ですね。
でも今建っている家を暑さ、寒さ対策のリフォームは、

「断熱リフォーム」しかありません!

行う場所はいくつかあります。

1.窓の二重サッシにする(室内側からリフォームでもう一枚サッシを入れる)
  これは部分的にも出来て重宝します。防犯対策にもなりますね。

2.断熱材をやり変える。もしくは追加する。
  室内の石膏ボードをはがし、少なすぎる断熱材を撤去し、
  シートを貼ってセルロースファイバーをパンパンに吹き込む。
  屋根も小屋裏に追加でセルロースファイバーを基準に合うように吹き込む。
  床も張り替えるなら床材をめくり、大引、根太の間の床下に
  セルロースファイバーをパンパンに吹き込みましょう!
  密度もしっかり入れて性能がしっかり出るようにしましょう。

3.外部に遮熱塗料を塗る。
  反射させる成分が入っていて、太陽の熱を反射させます。
  これをすると壁の中に入ってくる熱量が少なくなりますので、
  夏の熱が楽になります。
  
  以前も遮熱塗料の実証実験をメーカーの協力で確認しました。
  その時の模様はこちら

2の断熱リフォームを室内側からできない場合もたくさんあります。
下の写真は、屋根の葺き替えと共に、天井の断熱のやり変えを外から
行なった写真です。この利点は、室内の片付けや、移動、内装の石膏ボードや
内装の板などをめくる必要がありません。欠点は天気のいい日しかできません。
屋根の葺き替えをするのでタイミングとコスト安が出来ていい例です。
こういった断熱リフォームも出来ます。
断熱リフォームはできないとあきらめていませんか?
知恵と経験がありますので、いつでもご相談ください!

ご相談はこちらから

屋根の断熱リフォームです。

屋根の吹き込み前の状況

屋根のセルロースファイバーの吹き込み状況

屋根のセルロースファイバーの施工後
施工前と比べると、厚みがしっかり入っているのがわかります。

セルロースの特徴をわかりやすくした解説本はこちら

               業者さんはこちら

日本の木造建築で長持ちする家の代表的なものとしてお寺(社寺)があります。

造りは、国産の檜や杉材の巨木の無垢材をふんだんに使い、
壁は土塗り壁に漆喰で塗り仕上げです。
この造りが日本の高温多湿でありながら、厳しい冬もある気候に
合った長年受け継がれてきた工法です。
日本は豊かな山林に恵まれ、アルプスなど寒い地域で育った
しっかりとした木がたくさんあり、
また、山を丁寧に育て、恵みを受けて来たのだと思われます。

その伝統的な社寺の建築の土塗り壁にセルロースファイバー断熱材が採用されたと
お聞きし、視察に行って来ましたので、御覧ください。

太い柱に梁材です。

木好きにはたまりません。

どれだけの木を使っているのでしょう・・・

宮大工さんの腕が素晴らしいです。

きれいですね。

壁にはセルロースファイバー断熱材がパンパンに充填されます!

セルロースファイバーは木を守ります。
なんといっても土壁の様に調湿効果があり、土壁より断熱効果が高く、
さらに、防虫効果があります。
もっと言うと防火効果があり、防音効果があります。
土壁に変わる断熱材といえばセルロースファイバーをおいて他にはありません。
と言い切れるぐらいぴったりです。

御覧の通り布団を巻いたようにパンパンです。
妥協がありません。きれいです。

このお寺様は徳川家康公の生母の於大の方の菩提所です。
そんな歴史ある建物の社寺本堂の新築にセルロースファイバーが
採用されたことはとても素晴らしいことです。
他の断熱材ではありえません。

お施主様の龍渓山久松寺洞雲院様
今回は視察させていただきありがとうございました。
これからセルロースファイバーを使って家を建てられる方にとって
とても自慢できる建物です!!!

ありがとうございました。

それと、本堂にとてもきれいに咲いてました。
あー今年もお花見に行きそびれてしまいました・・・

セルロースのお問い合わせはこちら

セルロースの特徴をわかりやすくした解説本はこちら

               業者さんはこちら

セルロースファイバーの施工依頼

セルロースファイバーは施工が大切!
セルロースファイバーの施工を考えている工務店様、一般施主様、製造メーカー様、
セルナビではセルロースファイバーの施工に長けた経験豊富な施工業者をご紹介いたします。
しっかりとした施工の経験が豊富な施工業者で施工することが、セルロースファイバーの断熱性能やその他の優れた性能を引き出すためには、必須の条件となります。
まずはお気軽にご連絡ください。

「セルナビを見て」とお伝えいただけるとスムーズです。

お電話でのセルロースの施工依頼はTEL050-1257-9212まで

メールでのセルロースファイバーの施工依頼はこちら

アパートの2Fの床の遮音対策に
セルロースファイバー断熱材と置き床で遮音効果がすごいです。
ということで、長野県にある木毛セメント板のシェア第二位の
竹村工業さんにお伺いしてきました。

お相手してくださったのは、竹村工業の創業者の竹村顧問の息子さんの
事業推進課の竹村仁さんです。この方は非常に遮音に関して熱心な方で、
セルロースファイバー断熱材との組み合わせで床の遮音をというところで
以前から、実験を重ねてきました。
前回はRC造に置き床+セルロースファイバー断熱材で絶大な遮音効果の結果が出ましたが、
今回は木造でチャレンジです。

セルロースファイバー音実験

築15年の木造の建物の2Fの床に施して実際の遮音効果を確認します。
いくら数値が良くても実際の体感と実際の施工が伴わないと
住んでから満足できません。
今回はきっちり上下階の音が確認できます。
子どもがテケテケと走る音は写真のようなボール(1kg)の落下による音と
同じぐらいだそうです。

ボールを床に落とす

その音と大人が歩く音を聞いてみます。
その前に構造の確認です。

防音の確認

写真の左側の方は、いつも協力していただいている愛知県の岩城建築設計事務所の
岩城所長です。住宅はもちろん、賃貸アパート、マンションの設計も手がける設計士さんです。
もうすぐ始まる木造アパートに採用するかどうか最終の確認するために
わざわざ、長野まで今回来ていただきました。
早速、音の確認です。
トランシーバーを使って2Fで音を出してもらいました。
結果は、木造の2Fの音は間違いなく小さくなっていました。
これなら、賃貸物件も安心です。
最近増えている二世帯住宅の遮音にも使えそうです。
実際にRC造の物件では、UR都市機構のマンションのリフォームにも
採用されたほどのしっかりとした効果のあるシステムです。
今後のセルロースファイバーと置き床の遮音構造はますます広がりそうです。

帰りに、竹村工業さんが手がける100年市場住宅を見学してきました。
外壁はなんと杉板です。
経年変化で美しい銀色になっています。

銀色の杉板

普通、木は腐ると思われがちですが、あえて無塗装です。
無塗装だからこその色の変化が楽しめます。
カビも生えていません。 寒冷地の長野でです。コケも生えていません。

タケムラ工業の実験棟

やっぱり木はいいですね。

セルロースファイバー断熱材の施工は見たことがありますか?
自然素材の家づくりには不可欠のセルロースファイバー
このセルロースファイバー断熱材は施工が非常に重要なんです。
その施工を一挙公開します。

まずは、
セルロースファイバーの呼吸するシート(透湿シート)貼りからです!
このシート貼りが品質確保に非常に重要です。

そして、いよいよ、
セルロースファイバー断熱材の吹込みです。
シートの中にセルロースファイバーをしっかり吹き込んできます。

セルロースフィバーが布団のようにパンパンに吹き込んでありますよね。
あったかそう! 冬が楽しみです!
もちろん 夏はひんやり 涼しくなります
セルロースファイバーはセルロースフィバーナビで検索!

セルロースファイバー断熱材の工事の現場へ行ってきました。
木造新築35坪にセルロースファイバー断熱材の吹き込み工事です。
セルロースファイバーの工事は乾式と湿式の2つの方法があります。
簡単には、
乾式は乾いているセルロースファイバーをシートの中に吹き込む方法です。
湿式はセルロースファイバーに接着剤を吹きかけて直接、壁に吹き付けて固める工法です。
今回は乾式工法の現場でした。
まず施工方法を見てみましょう。
使用する透湿シートです。
湿気を通してセルロースファイバーに呼吸させます。

柱にシートを貼ります。

シートの吹き込み用の穴を開けます。

きれいにシートが貼れました。
このシート貼りが重要で隙間なく、ピーンと貼ってたるみの無いように貼ります。

いよいよセルロースファイバーの吹き込みです。
マシーンにセルロースファイバーを投入します。

マシーンから圧送されホースの中を通りシートの中に吹き込まれます。

しっかり吹き込まれました。

パンパンです。密度がしっかり吹き込まれています。

天井もしっかり吹きこれています。

セルロースファイバーが壁と天井にしっかり吹き込まれました。
まるで布団を巻いたようです。

このとき感じるのが音です。
音が吸音しているのが体感できます。
布団の中で大声を出しても聞こえませんよね。
そんな感じが体感できます。
木にやさしい断熱材「セルロースファイバー」の施工でした。
是非、是非、体感していただきたいと思います。