Home > 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > 5-1.断熱材比較

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

セルロースファイバーとグラスウールの防火性能比較をしました。

グラスウールは一般的に不燃材として認められている断熱材です。
不燃材とは、簡単に言いますと試験で20分間防火の性能があると
認められているというものです。

さて、
セルロースファイバーはというと、
セルロースファイバーは難燃3級として認められています。
難燃3級とは、試験で5分間防火の性能があると
認められているというものです。

20分間の火に対して耐えることができるものと、
5分間火に対して耐えることができるものと歴然と違うように思いますよね・・・
でも実際は違うのです。

その性能を証明するためにメーカーさんもご協力していただき、
目で見てわかるように実験してみました。

まず、試験体を用意します。
間柱で木枠を作り、
その中にセルロースファイバー55K〜60K100mmを正確に計量して入れます。

もう一方に、
グラスウール16K100mmを入れてしっかり留めます。

直径100mmの穴を開けたせっこうぼーどを貼り、
ガスバーナーで5分間燃焼します。(800℃〜1000℃)

各々5分間燃焼しました。

同じ距離、同じ火力で焼きました。
石膏ボードを外してみると・・・

グラスウールは完全に溶け始まって内部で燃焼していました。
元々がガラスなので、800℃で融解し溶けてしまうようです。
分かっていましたが、これにはびっくりしました。

代わってセルロースファイバーはというと、
穴のあいた部分だけ黒く炭化層になっていて
裏面まで火が回っていませんでした。
煙の量も全然違ってセルロースは炭のようにように真っ赤になるけど、
煙の量が全然少なかったです。

全部断熱材を取り出して見ると裏面はこんな状況でした。

貼ってあった石膏ボードは、

どちらがどっちかわからないってことはないですよね。
当然被害が少なかったほうがセルロースファイバーです。

全然違いますよね。
これだけ違うのです。
グラスウールの防火性能20分が嘘のようです。
セルロースの防火性能5分もまた嘘のように見えました。

セルロースファイバーに携わって10年以上。
改めてセルロースファイバーの防火性能が高いことに
驚きました。
これなら、災害や、二次災害、万が一の火災に強い断熱材です。
これから家を建てられる皆様、
是非、防火性能も重要なことを検討してみてはいかがでしょうか?

セルロースファイバーはいつでも大歓迎です!!

今回の試験は、ビデオも撮影しています。

編集しましたら、UPします。
ほんとうに、ほんとうにすごいので、おたのしみに!

遮熱の技術がこれから非常に大切になります。
今以上に求められると思います。
この夏、異常でしたね。
来年はもっと暑くなるのでしょうか?
先日、メーカー様のお力を借りて遮熱効果の実験をしました。
375Wの特殊電球を当てて、サーモカメラで経過を撮影しました。
このサーモカメラは優れもので、カメラにパソコンが内蔵された赤外線カメラです。
とにかくすごいです。温度が0.1℃まで測定できます。
サーモカメラの測定です。

サーモカメラの測定

実験状況です。
向かって右が普通の塗料、左が遮熱塗料です。
サーモカメラでもぜんぜんちがうのがわかります。

サーモカメラの測定

サーモカメラの測定

この表面温度が熱をどれだけ反射しているのかよくわかります。

最初3℃から4℃の差が、

時間が経つにつれて、10℃・・・・20℃と変わっていきました。

すごいことです。

日射の強い、屋根や壁面にこの塗料を塗っていたら

建物の中は、体感できるぐらい涼しくなります。

今回の実験で、仮説、検証が出来ました。

遮熱にもいろいろな方法があります。

1つ間違えると、結露など、遮熱材によっても

方法がちがいます。

塗料の場合は下地との相性が大切。
遮熱と言っても効果はさまざまです。
実際の数値もメーカーにお聞きすることが大切です。

遮熱シートの場合は、アルミのシートが主流です。
アルミは熱伝導率が高いので、結露しないように使うことが大切です。
必ず、片側には空気層を作ってください。
そして、その暖まった空気を排出するようにしてください。

そして大切なのが、透湿しなくてはならない場所で使うのでしたら、
透湿タイプを選ぶことです。

説明が少しわかりにくくてすみません。
ご質問はお気軽にこちらへ、最新の情報をお伝えします。

屋根の遮熱シートとセルロースファイバーは相性が抜群です。
夏場施工しているからよくわかります。
でも上記の遮熱シートの位置気をつけてください。

いろいろな断熱材をバーナー(800~1,000℃)で
燃やしてみました。
まずはポリエチレン系断熱材です。
動画がわかりやすいです。

続いて羊毛混合断熱材です。
結構燃えるのにびっくりしました。

バーナーをはずしても燃え続けました。
万が一の火災の時は気をつけたいですね。

セルロースファイバーは
表面が黒く炭化するだけで中はご覧の通り

こんなところにも断熱材の性能が隠されているんですね。
暑い日が続いているのにこんなに熱い動画ですみません

↑羊毛混断熱材

↑羊毛混断熱材 ウールって響きはいいんですが・・・ においが・・・

↑ボード系断熱材も・・・

セルロースファイバーについて
先日、日本でも老舗の輸入メーカーさんと議論させていただきました。
とても有意義なお話で、今後、発展するセルロースファイバーの
原点に戻ったお話や最新の施工方法、環境の問題など
非常に重要な内容でした!
ありがとうございました!

これらの内容を、
これからいろいろなものと通してお伝えしていきたいと思います。
欠陥住宅に陥ってしまって保証問題で争うより
未然に最小限に抑え不安や憂鬱な日々を送らないために
建てられる方はもちろん、住まわれる方も
より多くの知識と理解を求められる時代になってくると思います。

欠陥住宅と言われるものにいろいろな種類があります。
欠陥住宅(けっかんじゅうたく)とは、
建築基準法・建築基準法施行令・関連告示を満たしていない住宅、
設計図(意匠図・構造図・設備図・工事仕様書・特記仕様書など)
のとおりに施工されていない住宅、安全性・快適性・使用性などの
観点から通常の居住に支障を来たす住宅などのことを示す。
そこで
今までで多いのが
雨漏り、漏水です。
木造で雨漏りは住宅の寿命を縮めます。
ポイントは
窓廻り
換気扇
バルコニー
複雑な屋根
外壁の目地
この当たりでしょうか?
当たり前の話ですが、この当たりの技術、知識を
どれだけもっているか?!
また、人間のすることですから、チェックや検査が
どれぐらいしっかり行われているかが問題ですね。
最近では
結露の問題も多いようです!
日本は湿気の多い国です。
結露するのが当たり前な環境です。
昔は湿気やカビと仲良く付き合っていました!
調湿するものをふんだんに使って
無垢材、土壁、障子、畳、
ベタベタしないで、さわやかにしてくれる。
締め切っててもシックハウスがなかったように。
素材と確かな施工は重要です。
セルロースファイバーも調湿してくれる断熱材で
これらのことが非常に優位にしてくれます。
10%水蒸気を含んでも断熱性能は変わりません。
しかし、ガラスで出来たグラスウールはなんと2%以上含むと
性能が低下してしまうのです。
デリケートですね。
質問です!
1.外壁の壁の高さ3.5mにセルロースファイバーの断熱材を
  入れるときに特に気をつけないといけないこと何でしょうか?
   非常に重要です!
2.勾配天井(室内側の屋根部分が屋根なりに斜めに壁が出来ている天井)で
  セルロースファイバーを185mmの厚さ吹き込む時、気をつけることは何でしょうか?

話を聞いていただければ簡単です!
内容が知りたい方はこちらまで

火災は怖い!
セルロースファイバーは!

中まで燃えてませんよね。
表面が黒く炭化して、中まで燃えにくくするんです。
セルロースの火は3,4秒で消えます。(自己消化性を持っています)
それ自体では燃えないのです。