Home > 1.セルロースファイバー, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > 経産省、セルロースナノファイバーの評価技術を国際規格化へ

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

経産省、セルロースナノファイバーの評価技術を国際規格化へ

経産省がセルロースナノファイバーという木質繊維物質に期待しています。
セルロースファイバーの規格ではないですが、木質繊維は特性、高機能の
たくさんの魅力が評価されてきたということですね。
家づくりももっともっと木質繊維断熱材セルロースファイバーが
広がる可能性が出てきますね!


日刊工業新聞より以下

経済産業省は次世代の高機能材料と期待される木質組織由来の繊維状物質
「セルロースナノファイバー」(CNF)の国際規格づくりに本腰を入れる。
CNFとしての特性や品質に関する計測方法を中心に、
物質または工業材料としての評価方法を2015年度から3カ年ほどで確立し、
国際標準化機構(ISO)に提案する方針。
6月に発足した産学官のコンソーシアム「ナノセルロースフォーラム」を軸に検討を進め、
CNFの事業化をめぐる国際競争で優位に立つための条件を整える。

 
 物質としてのCNFの主要な要件を特定し、
この要件をどの程度満たすかを調べる評価方法を確立する
「計測・キャラクタリゼーション」の分野を中心に標準化作業に取り組む。

(1)命名法や用語の定義付け
(2)安全性や健康への影響、環境への負荷に関するリスク評価方法の確立
(3)各種工業材料としての特性の決定と規格化―の各分野における取り組み方針も練る。

 
 
 
 



 
セルロースの事がわかりやすく説明しています小冊子はこちら