Home > 2.セルロースの施工, 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > セルロースの勾配天井へ施工

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

セルロースの勾配天井へ施工

セルロースファイバー断熱材の勾配天井への施工を説明します。

セルロースの勾配天井の施工は外壁のようにセルロースの専用シートを貼って穴を空けて吹き込みます。

 セルロースの勾配天井の施工
 
  
施工方法を簡単にご説明しますと
 
1.通気層側のシートを貼るために木下地を500mm以下に施工します。
  (屋根垂木のところにシートを貼る場合は必要ありません。)
2.同じように室内側のシートを貼るために木下地を500mm以下に施工します。
  この木下地の間隔はセルロースの厚みによっても変わりますのでセルロースの厚みが厚くなれば木下地の間隔を狭めてください。
3.通気層側にセルロースの専用シートを貼ります。
  次に室内側にシートを貼ります。
  これでセルロースのシートで袋状にすることができます。
4.セルロースのシートをカッターで小さく穴を空けセルロースファイバーを吹き込みます。
  1スパンづつしっかり吹き込みます。

 セルロース勾配天井の完成
 
  
 
施工上のポイント

 
・吹込み密度が重要です。セルロース断熱材は密度55Kg/m3以上(目標値60kg/m3)でしっかり吹き込みます。
・四隅の隅々までしっかり妥協無く吹き込みます。特に金物があったり、配線があったり、木下地が入って狭くなっている部分もホースと吹き込み圧を駆使ししっかり吹き込みます。
・シートはまっすぐしわにならないようにピンと貼ってきれいに貼り、留めつけるステープルの間隔も細かくきれいに留めつけます。この綺麗さが施工密度のムラを起こりにくくし均一に吹き込むことができます。
・必ず外側に通気層を作る。野地板とシートの間に厚さ30mm程度の通気層をとります。
通気層がないとセルロースといえども条件によって結露します。室内側の湿気が入り込んだらセルロースで調湿され、保湿以上の湿気は外側に透湿し通気層を通って排出されます。
・セルロース勾配天井の厚さは省エネ等級4レベルで4地区の場合は185mmです。
 外皮計算によっても変わりますが、省エネのレベルに応じて厚さを設計します。
 この厚みは仕様基準ですので目安にしてください。
 
まだまだ気をつけるポイントはたくさんあります!
弊社では長年のセルロースの施工をしております。
経験と実績、セルロースの専門技術と知識をを持ち合わせております。
 
また、自社施工を導入していただけるようセルロース吹き込み機械、セルロースの材料をしっかりとサポート致します。
 
御問い合わせは 
㈱ヴィックラインまで。
メールはこちらまで。
 
 
セルロース断熱材 
 
 
冬暖かく夏涼しい家の断熱材セルロースファイバーの
 わかりやすく解説した小冊子は こちら

セルロース小冊子
 

%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%b0%8f%e5%86%8a%e5%ad%90%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e3%80%80%e5%b7%a5%e5%8b%99%e5%ba%97%e6%a7%98
 
 
%e3%82%bb%e3%83%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%b9%e5%b0%8f%e5%86%8a%e5%ad%90%e7%84%a1%e6%96%99%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab