Home > 断熱材ならセルロースファイバーで断熱を!セルナビ代表ブログ > 1.セルロースファイバー

断熱材ならセルロースファイバー!

日本の住宅にセルロースファイバーを広めるためのポータルサイト「セルナビ」の代表のブログです。セルロースのことはもちろん、家づくりに関しての多くの情報を発信していきます。

経産省がセルロースナノファイバーという木質繊維物質に期待しています。
セルロースファイバーの規格ではないですが、木質繊維は特性、高機能の
たくさんの魅力が評価されてきたということですね。
家づくりももっともっと木質繊維断熱材セルロースファイバーが
広がる可能性が出てきますね!


日刊工業新聞より以下

経済産業省は次世代の高機能材料と期待される木質組織由来の繊維状物質
「セルロースナノファイバー」(CNF)の国際規格づくりに本腰を入れる。
CNFとしての特性や品質に関する計測方法を中心に、
物質または工業材料としての評価方法を2015年度から3カ年ほどで確立し、
国際標準化機構(ISO)に提案する方針。
6月に発足した産学官のコンソーシアム「ナノセルロースフォーラム」を軸に検討を進め、
CNFの事業化をめぐる国際競争で優位に立つための条件を整える。

 
 物質としてのCNFの主要な要件を特定し、
この要件をどの程度満たすかを調べる評価方法を確立する
「計測・キャラクタリゼーション」の分野を中心に標準化作業に取り組む。

(1)命名法や用語の定義付け
(2)安全性や健康への影響、環境への負荷に関するリスク評価方法の確立
(3)各種工業材料としての特性の決定と規格化―の各分野における取り組み方針も練る。

 
 
 
 



 
セルロースの事がわかりやすく説明しています小冊子はこちら

新年あけましておめでとうございます。
昨年1年たくさんの方にお世話になり、お支援頂き大変感謝しております。
ありがとうございました。

今年もますますの省エネ時代です。
消費税に対する対応も対策と準備が必要な年になります。
低酸素に向けた住宅と住まい方にも徐々に具体的に動きを
いけないですね。

そこで、
いろいろなことが手探り状態のことがいろいろ出てくると思います。
ここでも少しづつ整理して、具体的にご質問いただいたこと
や基本的なことを公開していこうと思います。
もちろん個人情報は伏せておいてです。
より、これから家を建てられる方、断熱の取り組まれる方、
健康で安全な家をお考えの方、長持ちする家を取り組まれる方などなど
世界基準に向けて少しでもお役に立てられればと思います。

今年もよろしくお願い致します。

                     セルロースファイバーナビ運営
               株式会社ヴィックライン 代表取締役 青木洋一郎

ホウ素は動植物が生きていくための必須元素ですが、過剰に摂取すると有害です。
ダニ、シロアリ、ゴキブリ等の下等動物が過剰のホウ酸塩を摂取すると、
細胞中のホウ酸塩濃度が上昇します。ホウ酸塩は細胞内で、
代謝反応に関係する補酵素と強固なキレート結合を形成する性質があります。
このため、細胞内のホウ酸塩濃度が限界値を超えると、代謝は完全にストップし、
死は免れません。
市販のゴキブリ駆除剤の多くは、ゴキブリの好きな餌にホウ酸塩を混入したものです。

ヒト、イヌ、ネコなどの哺乳動物では事情が異なります。

哺乳動物では過剰に摂取したホウ酸塩は腎臓で濾過後、
尿として排出され、細胞内のホウ酸塩濃度は完全な水準に保持されます。
このため、哺乳動物に対するホウ酸塩の毒性は微弱で、急性毒性は食塩と同等です。

      

ホウ素は原子番号5の元素です。
ホウ素は、天然には酸素と結合したホウ酸塩の形で存在します。
ホウ酸塩は、地下の鉱脈から掘り出され、簡単な精製工程を経て、ホウ酸、ホウ砂などの
商品に加工後販売されます。

ホウ酸塩の主要産地は米国とトルコで、日本は殆ど100%輸入に頼っています。

ホウ酸の最大の用途はガラス原料で、総需要の50%を占めています。
次に洗剤、肥料、セルロース断熱材用難燃剤、釉(うわぐすり)と続きます。
このほか、半導体やセラミックス、原子炉事故の際の中性子吸収剤のような
特殊な用途があります。身近な用途では、目薬、化粧品の防腐剤、食品保存剤
としても使われています。

動物の生育にもホウ素は不可欠です。果物や野菜の栽培にホウ酸塩は欠かせません。
土壌中のホウ酸塩は、雨で流され、作物に吸収されて年々減少します。
これを補うためのホウ素肥料は、世界の食糧危機を防ぐ上で不可欠です。

日本でも年間2000~3000トンのホウ砂が肥料として消費されています。
ホウ素は、動物にとっても必須の元素で、人間は1日当たり1~3mgのホウ素が必要です。

おなじみのゴキブリ団子のホウ酸と目の洗浄の放散です。

断熱材セルロースファイバーのわかりやすい小冊子が11月中旬に出来ます!
海外では断熱材をしっかり施してエネルギーを消費しないようにする家が一般的になりつつあります。
エネルギー消費量の評価基準(A1〜G)まで基準がしっかりあります。
そうしたエネルギーを消費しない家が価値があるとされています。
本物の省エネ住宅に住む前にまず読んでいただきたい冊子として作りました。

セルロースファイバー断熱材の小冊子 「優しさとぬくもり」

セルロースファイバーの小冊子

イラストとわかりやすく説明しています!
読み物が苦手な方も5分ぐらいですらすら読んでいただけわかりやすいです!
冬あったかくて夏涼しい家をつくるためのヒントがたくさん入っています。

やっと出来ました!
「セルロースファイバーのすべて ①動画・写真集偏」です。
セルロースファイバーのとこが動画と写真を使ってよくわかります。
どうしてもセルロースファイバー断熱材のことをわかってから家を建ててほしい。
そんな思いで作りました。
このツールを 工務店さんに お配りしたいと思います!
ので、
是非!セルロースファイバーの取扱の優秀な工務店さんからプレゼンを受けてください。
セルロースファイバーを取扱の全国の工務店さんは
http://www.cellulosefiber.biz/search/index.html

最後にこのツールを作るにあたって
多大な労力を惜しみも無く、協力してくださった皆様、
ありがとうございました!
本当にありがとうございました
きっとセルロースファイバーを気に入っていただけると思います!!

セルロースファイバーの今後の発展は?
紙の産業が発展するにつれ、断熱材に使用される原材料は
紙の副産物であることが一般的となってきました。
もともとは制振材(吸音材)として製造されていた紙を主体とした
セルロースはすぐに効果的で、密度の高い断熱材となることがわかりましが、
初期のセルロース断熱材は今日のようなファイバーテクノロジーや施工機械の恩恵を伴わず、
市場的には小さなものでした。
エネルギーコストの増大にともなう断熱の需要により、
今ではセルロース断熱は主たる断熱材の一つとなりました。
初期の時代のセルロースとは比べ物にならないくらい、
今日のセルロース断熱材は安全で耐火性、害虫駆除に優れています。 
この特徴はまた、他の断熱材をしのぐものとなっています。
海外を見てもリサイクル、エコのものはどんどん発展しつつあります。
早くに着手された断熱材といえるのではないでしょうか?
素材として使えるまで使い、最後は焼却や分別しエネルギーになる。
そんな断熱材だからこそ発展すると思います。

セルロースファイバーの起源は?
セルロース”という言葉は
あらゆる植物生命体の繊維状のものをベースにしているものを指します。
木、紙、そのほかの植物系のものをベースにして製造されたものはすべて
セルロース系材料となります。
今日のセルロース断熱材(セルロースファイバー)はリサイクルペーパーで製造され、
耐火、害虫駆除の目的でホウ酸塩が処方されています。
アメリカの3代大統領のJeffersonの時代やその後の歴史の中では
断熱材料の選択は、原材料や副産物のあり方により決められてきました。
1900年に入ってからは、その原材料は木となり、
断熱材はバルサやバルサのおがくずを紙で包んだものでした。
バルサ断熱材は今でもアメリカの北東部の古い民家で見ることができます。


       ↓

先日に続き、セルロースファイバーの歴史を紹介します。
アメリカで初めてセルロースファイバー断熱材を取り入れた建築家は、
第3代アメリカ合衆国大統領のThomas Jeffersonで、
自身の邸宅でもあるMonticelloに施工をしました。
彼が施工した断熱材はセルロースでした。
邸宅は主にジェファーソン独自のデザインによるものであり、
1769年に建設が始まり、その後再設計・増築を経て、1809年に完成しました。 
この建物はアメリカの5セント硬貨の裏面に描かれています。
Thomas Jeffersonは、建築家でありヨーロッパから様々な技術や
アイデアをアメリカに持ち込んだことで有名なので、
起源はヨーローッパにあるかもしれません。

多くの国で、おがくずや紙が天井の断熱材として100年以上前から使用されています。
今日でも、1900年代に建てられた家でこの事例を見ることができます。

木の家づくりにふさわしい断熱材とは!
いろいろ考えられると思いますが、
体にやさしい、自然素材がふさわしいと思います。
やっぱりお勧めしたいのが、
木からできた紙の断熱材セルロースファイバー
調湿効果抜群、結露抑制、断熱、防音、リサイクルされるのでエコです。

先日、断熱材のセルロースファイバーのルーツを探るため
調べてもらいました! ありがとうございます!!
歴史は古く、
アメリカで初めて使われたのが、
3代アメリカ合衆国大統領
Thomas Jeffersonの
自身の自邸でも有るMonticeiioでした。
5セントコインの裏の建物です!

多くの国でおがくずや紙が天井の断熱材として
100年以上前から
使用されています。
今日でも、アメリカで1900年代に建てられた家でこの事例を見ることが出来ます。

もうすぐ、この断熱材セルロースファイバーの記事をまとめたものが
小冊子になります。
記念してホームページお知らせしたいと思います。
少し期待してください!

残暑お見舞い申し上げます。
相変わらず暑い日が続いてますね。
37度や38度で日なたの路面温度は
何度ぐらいになっているんでしょうね。

この暑さには、断熱も厳しい環境です。
世界中、見ても湿度から来る高温多湿の不快指数は
相当なものです。海外のように気温は42度でも湿度が13%だと
体感的には相当違いますね。
湿度が高いと腕なんかぺたぺたで・・・

そんな湿度には調湿が重要です。
古来は土塗り壁、障子、畳、木で調湿させていたものを
新建材になってしまったら、湿度は逃げ場を失い
カビやダニの原因を作ります。
土壁に変わる断熱材は誰が何と言っても
 セルロースファイバー が
一番ではないでしょうか。
家中のセルロースファイバーが100リッターから150リッターの水
(水蒸気になった湿度)を瞬時に蓄えることが出来ます。
これが調湿効果のすごいところです。
今、調湿建材が見直されています。
木や土や紙や草や石など。
長く使えて体に優しい素材です。
シックハウスに敏感な人は体調もよくなるはず!

ドイツでセルロースファイバーが使われている構造です。

塗り壁とコラボ!

木の板張りとコラボ!

通気の塗り壁とコラボ!

トリプルサッシとのコラボ!

すごくないですか?
このセルロースファイバー断熱材の厚み
100mmは超えて200mm近いものもあります。
さすがにドイツの住宅の省エネルギー基準はちがいますね。
エネルギー消費量で中古市場の売買価格も大幅に変わってくるそうです。
アイルランドでも導入が始まるそうです。
世界基準の家つくり目指したいですね。
小さくても、エネルギー消費量が少なく、
ランニングコストが抑えられて、
長持ちする。
そんな住宅もご提案します!

断熱について性能をまとめてみました。
少しマニュアックですが、疑問な点がありましたら、
 断熱に関しての質問 へどうぞ。
引用は住宅金融支援機構、住宅金融普及協会などからの公開のデーターです。
セルロースファイバーの性能
1.断熱材の熱伝導率 (W/(m・K)
     断熱材の種類                  熱伝導率
 吹込用セルロースファイバー25K・・・・・・・・・・・・0.040 W/(m・k)
 吹込用セルロースファイバー55K・・・・・・・・・・・・0.040 W/(m・k)
   ※熱伝導率とは・・・熱の伝わりやすさを表すもので、数値が小さいほど断熱性に優れています。

その他の断熱材の熱伝導率   参考
――――――――――――――――――――――――――――
住宅用グラスウール断熱材10K・・・・・・・0.050
吹込み用ロックウール25K・・・・・・・・・・0.047
―――――――――――――――――――――――――――― 
住宅用グラスウール断熱材16K・・・・・0.045
住宅用グラスウール断熱材20K・・・・・0.042
A種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板4号・・・・0.043
A種ポリエチレンフォーム保温板1種1号・・・0.042
A種ポリエチレンフォーム保温板1種2号・・・0.042
――――――――――――――――――――――――――――
住宅用グラスウール24K・・・・・0.038
高性能グラスウール16K・・・・0.038
高性能グラスウール24K・・・・0.036
高性能グラスウール32K・・・0.035
住宅用ロックウール(マット)・・・・0.038
A種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板1号・・・0.040
A種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板2号・・・0.037
A種ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板3号・・・0.036
建築物断熱材用吹付け硬質ウレタンフォーム保温板A種3・・・・0.040
吹込用セルロースファイバー25K・・・・・・・・・・・・0.040 
吹込用セルロースファイバー55K・・・・・・・・・・・・0.040 
――――――――――――――――――――――――――――
A種押出法ポリスチレンフォーム保温板2種・・・・・・・・0.034
建築物断熱材用吹付け硬質ウレタンフォーム保温板A種1・・・・0.032
建築物断熱材用吹付け硬質ウレタンフォーム保温板A種2・・・・0.032
A種ポリエチレンフォーム保温板3種・・・・0.034
――――――――――――――――――――――――――――
A種押出法ポリスチレンフォーム保温板3種・・・・・0.028
A種硬質ウレタンフォーム保温板2種1号・・・・0.023
A種硬質ウレタンフォーム保温板2種2号・・・・0.024
A種硬質ウレタンフォーム保温板2種3号・・・・0.027
A種硬質ウレタンフォーム保温板2種4号・・・・0.028
――――――――――――――――――――――――――――
A種フェノールフォーム保温板1種1号・・・・・0.022
A種フェノールフォーム保温板1種2号・・・・・0.022

2.断熱材区分・・・セルロースファイバー25K、55K 共に C
     ※断熱材区分とは、熱伝導率〔W/(㎡・K)〕により区分される。

3.透湿率・・・・155ng/(m・s・pa)

4.透湿比抵抗・・・・0.00645m・s・pa/ng

■参考
次世代エネルギー基準とは・・・
平成11年3月に改正告示された「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断と基準」及び「同設計及び施工の指針」のことです。

Q値とは・・・・・・
熱損失係数Q(W/m2・K)、住宅の断熱性能を数値的に表したものです。
家全体から、内外の温度差が1℃の時。1時間に床面積当たりで流出する熱量。

熱伝導率 λ (W/m・K)
熱抵抗値 r (m2・K/W)
熱貫流抵抗値 R (m2・K/W)
熱貫流率 U (W/m・K)

日射取得係数 μ とは・・・・
建物による遮蔽がないと仮定した場合に取得できる日射量に対して、実際に壁や屋根、窓があった場合に取得される日射量の比。

夏期日射取得係数の基準値・・・夏期に日射熱がどれだけ室内に侵入するかを表す
 Ⅰ、Ⅱ地区基準値・・・・0.08
Ⅲ、Ⅳ、Ⅴ地区基準値・・・・0.07
Ⅵ地区基準値・・・・0.06

C値 とは・・・・・・
相当隙間面積(cm2/m2)、家の気密性を示す値。
家全体にある隙間面積(cm2)を延べ床面積(m2)で割ったもの。
この数値が小さいほど気密性が高いことになる。

これらのことが重要になります。
次回は詳しくお伝えします。

セルロースファイバーの施工完了状況!

セルロースファイバーの撥水効果!